気になるものと気に入ったものと吐露

近所のドラッグストアのサッカー台にアルコールスプレーのポンプが置いてあるのだが、いつもと違う泡タイプのアルコールに変わっていた。ジェルタイプは手に嫌なペタペタ感が残るし、液体は乾くのに時間がかかるし、こういうご時世だからアルコール消毒しなくてはという頭ではあるものの嫌なことのひとつではあった。泡タイプのものはジェルや液体のような不快感が無く、手で擦り合わせればすぐサラサラになった。買おうか迷っている。

 

ついこの前、大島椿を買った。大島椿とは椿油100%のヘアオイルである。なので髪の毛以外にも全身に使える。ヘアオイルはサロン専売品以外の物、つまり市販品は色んなものを試した。しっくり来るものがひとつも無かった訳ではないが、当然ながらどれも一長一短でリピートするかと言われると微妙なとこであった。私は髪の毛一本一本が太く硬い上に毛量はかなり多い硬毛多毛、そしてくせ毛という難アリにも程がある髪質だ。Perfumeかしゆか雨上がり決死隊の蛍原の髪質が本当に羨ましい。今のような乾燥している季節にはさほど感じないが、梅雨から夏にかけて髪の毛は湿気を含み広がりうねる。その季節にはまだ使っていないが現段階で大島椿をかなり気に入った。ドライヤーで乾かしたあと、気にするほどでも無いのだが髪の毛が広がるのを抑制してくれる。ゴワゴワしがちなゴン太(ぶと)の私の髪が、艶を纏いしっとりとし、それに加えてサラサラになってくれる。アウトバスのヘアケアだけではなく、スタイリングとしても使える気がする。今のところリピートはほぼ確定。

 

今に始まったことではないが子育てに疲弊している。子供が一人しか居ない専業主婦で、働きに出てもいない分際だが日々疲れている。0歳、1歳、2歳、3歳、4歳(今年)、それぞれ違う悩みや苦しみを抱えている。今は娘がイタズラをし注意するものの、数秒後には同じイタズラをまた繰り返すことと(先日Twitterにも書いたが猫のおもちゃを自分のおもちゃのように扱い猫と遊ばず挙句の果てには壊したので、もう触っちゃダメだとキツく叱り猫のおもちゃは隠したが見つけられてしまい遊ばれて再び壊される)、お風呂に入ろうとか歯磨きしようと促すと嫌がり、じゃあやらなくていいよと言うと、泣き叫びながらやるやると言ってやり始めるが、この一連の流れを毎日やらなければ風呂も歯磨きもやらないという事に辟易している。他にもやって欲しくないこと、特に私は食事に関することは子供の頃から厳しく言われていたので、娘に作ったごはんで遊ばれることに激しい怒りと悲しさを感じる。私には相談相手も愚痴をこぼす相手も居ないので、何もいい事がないから絶対にやらないと決めていた育児に関するネット検索をして、これは今の苦痛を和らげる為の糸口になるのでは、と思った記事を見つけた。

なぜ子供は叱れば叱るほど"悪さ"をするか 親なら知っておきたい子供の脳科学 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

(以下引用)

>子どもの脳が何か新しい刺激を受けたとき、脳内ではドーパミンという神経伝達物質が分泌されます。このドーパミンには、「分泌前にした行動に過剰に注意を向ける」という作用があります。

>おもちゃの例で言えば、窓ガラスにこれをたたきつけて遊び始めた子どもの行動に、親が激しく反応して、これまでにはない表情や言動をしました。これは、子どもの脳にとっては新しい刺激ですから、大いにドーパミンが分泌されます。すると、ドーパミンの作用で、怒鳴られる前にしていた「おもちゃを窓ガラスにたたきつける」という行動に意識が集中させられて、子どもはそれを繰り返そうとします。

>子どもはドーパミンの作用で行動しているだけなのですが、親の視点からこの行動を見ると、「言えば言うほど、子どもが挑発するようにその行為を続ける」かのように映る、というわけです。

また親側にも同じことが言える、と記事には書いてあり目からウロコだった。

(以下引用)

>また、そもそも親が子どもの行動に過剰にイライラしてしまうのも、同じような脳内の仕組みから来ている現象です。

>例えば、子どもが何か新しい“不可解な行動”をとると、その刺激で親の脳でもドーパミンが分泌されます。口では「やめなさい!」と言っても、ドーパミンの働きで子どもの行動に過剰に注意が向いていますから、脳内では「やるぞやるぞ……ほらやった!」と、子どもが同じ行動を繰り返すのを待ち構えてしまいます。

>こうなると、子どもはやめず、親は怒鳴ることを繰り返し、表面的な対立がエスカレートしてしまいます。

この記事を読んだ後、まさに私たち親子のことではないかと思った。私自身がまだまだ未熟で大人になれていないので、娘がまだ小さい子供だから仕方ない、と割り切ることは出来ず、私の子供だから私のように性格が悪いんだ、もしかしたら何か障害があるのかもしれない、と自己嫌悪したり不安に陥っていたが、この記事を読み、真偽はともかく原因が明らかになった。原因が分かれば反省点と改善点が見つかる。今後娘にどう対応すればいいのか、私自身もどう行動し思考すればいいのか、という事が分かってくる。途方も無く長く孤独で、暗くて何も見えないトンネルを抜け出せた気はしない。また娘が歳を重ねれば別の苦悩が生まれるが、今は少し明かりが見えた。

 

~完~

雑感

トラに追い回される夢で目が覚めて気分が悪い。トラは執拗に私を追い回してきた。殺されるのかと思ったが夢の中にしては思うように体が動いてうまく逃げられた。殺されなくてよかった。何かに追いかけられる夢は精神的に追い詰められているらしい。何かに追い詰められていない人間など恐らくどこにも居ないので問題無し。

 

最近寝付きと寝覚めが前よりも悪くなった気がする。薬の影響を考えたが最近はごくたまにしか飲んでおらず多分関係無いので問題無し。寝る前に布団に入って目を閉じてから自己分析をするのが良くないと思われる。自己分析をすると底の見えない真っ暗な穴に落ちたような気分になる。そして気づいたら寝ている。それを最近ずっと繰り返している。自分自身を見つめることは何よりも辛く苦しいことだと思う。自分のことは自分が一番分かっている、というのは主観の話であり俯瞰ではない。よって私はそうは思わない。だから人は他人からの評価を気にし、どう見られてるのか、どう思われてるのかと怯えるのだ。

 

外に出て散歩をしたい。行きたい場所がたくさんある。でも重さ15kg近い娘を連れて自分の心が満たされるまで歩き尽くすのには無理がある。娘は歩くのが嫌いですぐぐずり、抱っこ抱っこと泣きじゃくる。私も子供の頃歩くのが大嫌いだったので娘の気持ちが分かる。大人になったらたくさん歩けばいい。私もそうなのだから。

 

好きな雑貨屋さんのポップアップが渋谷のPARCOでやっている。行きたいのだがいかんせん渋谷という街が苦手なので二の足を踏んでいる。なぜ渋谷が苦手なのか。やたら人が多いだけで自分が求めているものが何一つ無いからだ。何一つ無かったはずなのになんでこんなことに。(多分行かない)

 

「腹筋を割るとみんなは言うけど、腹筋は元から割れていてそれを贅肉が覆っていて見えないだけ」らしいので、生まれてからずっと割れているものが割れてない状態なのもなんかなぁというのと、シンプルに腹に線が見えてるのがかっこいいという理由で、ドカ食いしようが酒を飲もうが生理痛だろうがなんとなく気分が乗らない日だろうが毎日腹筋と有酸素運動をしていた。が、脂肪はそんな簡単に溶けてなくなってくれるようなものではなかった。私は自分の腹筋を見るのを諦めていた。別に見えなくても死ぬわけじゃないしいいか、と完全に惰性になった習慣を続けた。腹の脂肪は依然醜く腹囲にこびり付いているが、鳩尾とその少し下、臍の両サイドあたりにうっすらと、本当にうっすらと線が刻まれていた。続けよう。

 

〜完〜

服薬レポその2

f:id:digitalburo:20221229083046j:image

 

処方された薬を飲んだその後の経過と変化を記す服薬レポ。

相変わらず用法用量をしっかり守り、酒と併用することもなく普通に服薬している。

 

経過は副作用に苛まれることも薬効が強く出過ぎることもなく非常に良好と思われる。

心も穏やか。発狂は全くしなくなった。

ただ頭のどこかでは発狂しそうな感覚があるが薬のおかげで「まあいいか」という考えがワンクッション挟まれるので発狂には至らない。

たまにあまり効果が出ない(ような気がしてるだけかも)時がある。

そのことをお医者さんに伝えたら朝晩毎日常飲するのではなく、カッとなりそうかもと思った時に頓用として飲むのが良いと言われその指示に従うことにした。

あまり効果が感じなかった時があったのは常飲して体が薬に慣れてしまったからだったのだろうか。

やはり指示に従ってからは効果をしっかりと感じる。

 

変化としては服用したあとに自分が体感した変化をメモしていたのでそちらを。

f:id:digitalburo:20221229082948j:image

 

こんな感じでメリットもデメリットもあるが基本的にメリットの方が多く、薬を処方される前までのようなヒステリーや発狂は全く無くなったので本当に生きやすくなった。

死ぬか殺すか失踪するか、と物騒なことをほぼ毎日考えていた自分は死んだ。

 

イタズラ盛り、第一次反抗期(いわゆるイヤイヤ期)真っ盛りの娘に対して怒鳴り散らしたり物に当たったりすることが無くなったのが自分の中で非常に大きい。

 

もちろん悪いことをしたり命の危険が伴うようなイタズラをした場合は叱る。

そう、怒るのではなく叱るようになった。

当たり前のことだが、声を荒らげずにゆっくり話してダメだよ、やめてね、と伝えれば娘も話を聞いてその時はやめてくれる。(その後もイタズラはするが)

 

あとは向精神薬を飲んだ人間がほぼみんな一度は考えたことがあるのではないかということ。

「薬を飲んだ自分」と「薬を飲んでいない自分」はどちらが「本来の自分」なのだろうか、というしょうもないことを考えるようになった。

未だに答えは出ていないし死ぬまで出ないだろう。

ただそんな事はクソどうでもいいクソみたいな事だと思うので考えるのをやめた。

生活に殺されないように生きる。それが自分の中での最重要事項なのだから。

 

~完~

 

 

服薬レポその1

1日目 就寝前

体に力が入らないというより力が抜けていくような感覚になる。

飲酒した時のような酔っ払う感じとはまた違うふわっとした感じ。なんとも形容しがたい。

強烈な眠気ではなくごく自然なまどろむような眠気に包まれる。

 

2日目 朝食後

出かける予定が無かったので日中使うとどうなるのか試したくて飲む。本当に娘にイライラしたりキレない効果があるのかという実験も込めて。

デロンデロンになって育児家事もままならないほど動けなくなったらどうしようという不安があった。

脳に浮遊感あり。めまいのようなものではなく割と心地よいきもする。

手足に力が入らないということはないが、一挙一動スローになる。

いつもならイラッときて娘を怒る場面でも「まあケガしてないならいいか」で済ませるようになった。

娘に注意をする時も怒鳴らず普通の声色で伝えることが出来た。娘にも伝わった気がする。

途中軽めの運動をしたが特に問題なし。

早食い癖のある私だが食事にかなり時間を要した。でもこれが普通の人の食事スピードなのかもしれない。

肉や魚、お菓子を食べたいと思う気持ちは一切湧かなかったが、みかんを10個ほど食べた。これは薬効の上では恐らく関係ない。

鏡を見て確認してないのでわからないが常に目は半開きの感じがある。

多分こんな感じ↓

f:id:digitalburo:20221207082929j:image

 

精神状態の善し悪しは特になく、凪いでいる。

無、というと大袈裟な気もするがそれに近い。

まるで悟りを開いた僧侶の気分だ。

 

2日目 就寝前

布団に入り目を閉じても色々なことを考えて全然寝れなかったのが嘘のように感じた。

が、深夜2度ほど起きた。しかしすぐ寝たので問題なし。

 

3日目 朝食後

今まさにこのブログを書いているこの瞬間だ。

昨日の朝と同じような状態。

食欲がやや無い気がするが、食べないと死んでしまうのでみかんとバナナを食べた。

今のところ娘にキレて怒鳴ったりしていない。

ただこれが無いと今までの発狂していた自分に戻ってしまうのか、というぼんやりとした不安がある。

依存症にはなりたくないなと強く思っているのでうまく薬と付き合いたい。

 

〜完〜

はじめての心療内科

とうとうワンオペ育児のガタが来てしまった。

 

週6で5時起き、洗濯機を回しつつ夫の弁当と朝ごはんを作りゆったりする間もなく洗濯物を干す。この間に娘が起きてきた場合は娘の面倒を見つつ全てをやり遂げる。

7時に会社着しなければいけない夫は6:30頃に家を出て帰りは基本17:30だが遅くなると20:00近い時もある。

それまでずっと娘と2人きりだ。

 

娘が生まれた直後から所謂育児ノイローゼ的な予兆はあったが最近はその症状が顕著であり、このままだと新聞紙面やネットニュースに悲惨な形で載ってしまうぞ、と危惧した為心療内科のお世話になることになった。

 

主な症状としては、無気力、些細なことでキレる、溜まったストレスが爆発した時は自制が効かないほど怒り狂う、物や人に当たる、←これらをやらかした後の激しい罪悪感と後悔、希死念慮、暴飲暴食、不眠、など。

 

娘のせいにしてしまってるようで心苦しいが私は産後から確実に人格が変わってしまった。

自分が自分でなくなる感覚が恐ろしく、また気味が悪い。

夫との喧嘩も増えた気がする。

 

心療内科にお世話になる前には役所の子育て支援課に相談したり、アンガーマネジメントについて調べ実行したりしたが全て効果なし。

 

PMSのせいかと思いレディースクリニックを受診し漢方薬を処方され飲み続けたが劇的に変わる訳もなく、ようは気の持ちようでは?と思い通院をやめた。

 

趣味を作ろうと模索し色々試したが何をやろうにも娘の妨害が入り中断せざるを得なく、それがまたストレス蓄積の原因になったのでやめた。

 

一度全て諦め娘が大きくなるまでは心を無にし耐え忍ぶしかないと腹を括ったものの、悲しいかな、私も一端の人間なのでそれは出来なかった。

 

心許せる友人や家族はみんな気軽に行ける距離には住んでおらず、かと言って迷惑だろう、忙しいだろう、という思いが心のどこかで引っかかり気軽に連絡を取ろうという気にもならずますます孤独感は増していった。

これらの苦痛から解放されたい。でもそうする為には今ある生活や今まで辿ってきた生き方を全て捨てなければいけない。

冗談ではなく本当に死のうと思った。

 

自分の境遇よりも辛い親御さん達はたくさん居るし、正直心療内科にかかるほどひどいものだとは思っていなかった。

が、ここ数ヶ月は自覚できるほどひどいなと思い初め、だいぶ抵抗があったが心療内科へ受診する運びとなった。

 

診てくれたお医者さんは問診中何度も聞き返してくる耳の遠いおばあちゃんだった。

初めはこの人大丈夫かな、と警戒したが耳が遠いだけで話しやすくこちらの腑に落ちるような受け答えをしてくれた。

 

診察では色々なことを聞かれた。

自分の家族構成、家族の詳細、自分の学歴、その後の職歴、結婚出産は何歳だったか、など。

 

そのお医者さんにはお孫さんが2人、7歳と3歳の子が居るらしくたまに預かって見たりするようだ。

「おばあちゃんの私ですら孫のこと憎たらしくてムカつく。早く出て行ってよって思うよ。でも一日で帰るから我慢できる。ただあなたはそうじゃないもんね」と言われた。

今後自分の親や義両親に預けにくいなと思ったが、それ以上に自分のような親だけじゃなく祖父母たちもまた自分と同じように感じていることに安堵した。

 

自制が効かないほどキレて怒鳴り散らしたり物に当たったりするのって病気ですか?と訊ねたら

「あなたは病気じゃなくてストレスの発散が分からなくて苦しんでる。話してると普通。キレそうになったりキレちゃったら薬飲んでとろんとしてやり過ごそう」と言われた。

 

薬についての説明も事細かにしてくれた。当然と言えば当然だが。

酒と併用しない、運転する前に飲まない、用法用量を必ず守る、効きすぎてしまう可能性があるから初めは就寝前に飲む、今日処方した分全て飲んでも死ねないけど後遺症は残る、など。

 

病院を後にし薬局へ処方箋を渡し薬を受け取る時に上記と同じようなことを何回も言われた。

そこで私は不安を覚える。

 

家に着いてから「薬の名前 副作用」で検索したところなかなか物騒なものが羅列されていた。

かなり不安になってくる。

私はノミの心臓であり心の器はお猪口どころかお猪口の裏ぐらい小さい小心者なのだ。

ただ飲まないと何も変わらない。

 

次は服薬レポです。

ちなみに飲んでる薬はブロマゼパム(レキソタン)2mgです。これから記録としてちょいちょい更新していくつもりです。

よかったら今後も見てください(´>ω∂`)

DIR EN GREYサブスク全解禁したからみんなも聞いてみよう

f:id:digitalburo:20220606134640j:image

Mステに出演しお茶の間を凍り付かせたことでお馴染みのDIR EN GREYが5/31にサブスク全解禁した。

これを機にDIR EN GREYを聞いてみませんか?

Apple Musicでプレイリストを作成しました。

‎デジタル風呂の「みんなも虜になろう」をApple Musicで

DIR EN GREYの楽曲で自分が特に好きな曲のみをピックアップしたので、初めて聞く人のことを一切考えていません。

曲順も考えて並び替えようとしましたが面倒臭かったのでリリース順です。

リリース順なので彼らの音楽性の変化なども楽しめるのではないかと思います。

 

みんなも虜になろう!

 

~完~

漫画備忘録『STEEL BALL RUN』

最高気温、最低気温が共に高くなり近所の梅の木は花を実らせ始めいよいよ春が来た。

冬の寒さには飽き飽きしていたが、小春日和の生暖かい気温を肌で感じると、夏のべったりまとわりつくような暑さのことを思い出してしまいやや憂鬱である。

そんな中ジョジョの奇妙な冒険第7部であるSTEEL BALL RUNを読み終えたので感想を書く。

 

f:id:digitalburo:20220312145846j:image

 

昨年AbemaTVで第6部アニメ化記念で1~5部が一挙放送していたのをたまたま見たのがジョジョの奇妙な冒険シリーズのファーストコンタクトであった。

1部と2部は一人で視聴を経て、登場人物たちの死を見てから「誰が死ぬのか分からない不安な状態でモヤモヤしながら見るのはなんかイヤ」という気持ちが芽生え、3部を視聴する前に原作コミックスを全て読破済みの夫に誰が死ぬのか予め聞いてから見始めた。

そして3部から5部までをAbemaTVで視聴し終え、6、7部を飛ばし8部のジョジョリオンの単行本が自宅にあったのでそれも読み終えた。

6部のアニメ放送を心待ちにしていたが、毎朝5時起きの私には到底見られない時間に放送していた。

録画機能の無い地デジなのに超アナログなテレビなので録画も不可能。

夫の実家に単行本があるのでそれを持ってきて読もうとしたが、夫は何故か7部の単行本を持って帰って来た。

どう考えても嫌がらせとしか思えないが、まあいいやと7部を読み始め今に至る。

 

 8部を読む時に夫から6部で色々あって一旦世界が終わっていて7部と8部はパラレルワールドだ、と説明された。

なので8部もそうだったが7部にもこれまでに出てきたキャラクターと同じ名前、似た名前のキャラクターが出てくる。

アブドゥルとかシュトロハイムとか出てきておぉ~!と思ったがすぐ再起不能になっていた。

これまでに出てきたキャラクターと同じ名前、似た名前だからって重要人物という訳ではないらしい。

 

あらすじは、馬でアメリカ横断するレースに主人公のジョニィ・ジョースタージャイロ・ツェペリが参加し、ゴール目指してひた走るお話。

 

f:id:digitalburo:20220312152116j:image

 

のはずが、途中から他の目的が見えてきて色んな人の思惑や欲望が交差していき大変なことになる。という話。

 

今回のラスボスなのだが

 

初登場時

f:id:digitalburo:20220312152956j:image

 

終盤

f:id:digitalburo:20220312153022j:image

 

この変貌ぶりにも理由や設定があるのだろうか。

有識者の方教えてください。

 

ジョジョと言えばキャラクター名やスタンド名、技名にバンド名や曲名、ミュージシャンの名前を引用しているが自分が知ってる限り洋楽ばかりだった。

が、今回はチョコレートディスコ(Perfume)とウェカピポ、マジェントマジェント(SOUL'd OUT)という日本のアーティストからの引用が初めて出てきた。

初めてじゃなかったらごめんなさい。

個人的には兀突骨(埼玉県川越市デスメタルバンド)を起用して欲しいなと思っている。

 

先にも書いた通り毎回誰が死ぬのか予め聞いてから読んで(見て)いたのだが、今回は聞いていない。

そして案の定登場人物の死に打ちひしがれている。ちゃんと聞いておけばよかった。

 

〜完〜